探偵ウェブ 失敗しない探偵社選びの情報サイト
探偵のことならなんでもご相談ください

大切なことだから─安心できる探偵社を選びたい。知名度・精鋭人情派・調査力・浮気調査専門・低料金お得パック

TOP ≫ 失敗しない探偵社選び

メールで相談

インターネットが普及した現在において匿名での利用が手軽に行える便利さから
メールで探偵社へ相談する人も多くいます。

インターネット上ではフリーメールアドレスを簡単に取得することができますから
自分のメールアドレスを公開しなくても秘匿性は十分に保たれます。
電話が苦手な人やじっくりと頭の整理をしてから相談したい人には、考えをまとめやすいメールの方が
とっつきやすいでしょう。

しかし、相談内容をメールだけで探偵社へ正確に伝わるようまとめる作業は実は大変難しいものです。
電話であれば探偵が必要とする情報を知りたい場合、その場で相談者へ尋ねることができます。

その点、メールは一方通行です。
メール内容が大雑把すぎて状況が把握できなければ
探偵もどのように調査を組んでいいのかわからず正確な見積もり回答ができません。
結局、何度もやり取りをすることになり、電話なら2〜3分で済む話がメールでは何日もかかってしまうなど
手軽ではありますがレスポンス面で時間が掛かりすぎる点は否めません。

実際に次のようなメールは探偵社へ多く寄せられます。
・ 浮気調査はいくらですか?
・ 人を探してほしいのですが、費用はどのくらいですか?
・ 離婚のための証拠がほしいんですが、料金はどのくらいですか?

ほとんど1行程度の内容で詳細は一切不明、これには探偵社も回答に困りかねます。

このような内容では、「 車を修理したいが、いくらですか?」というぐらい漠然としています。
どこが壊れて修理が必要なのか、車種は何なのかなど、細かくわからなければ見積りが出せないのと同じです。


状況がわからないと
見積りできないの?
調査の状況は誰しもが
同じではありません。

探偵社としても、状況が不明なまま安く見積もりをすると、後々、依頼者とトラブルになる可能性が高いため
結果的に高めの見積り回答をせざる負えません。

またメールの内容があまりに短いと、この相談者は本当に真剣に悩んでいるのか疑問にも思えてしまいます。
メールでの相談は手軽でありますが、内容まで簡略にしては正確な見積りを得ることはできません。
相談を受ける側のことを考えて、なるべく詳しく内容を伝えるようにしましょう。