探偵ウェブ 失敗しない探偵社選びの情報サイト
探偵のことならなんでもご相談ください

大切なことだから─安心できる探偵社を選びたい。知名度・精鋭人情派・調査力・浮気調査専門・低料金お得パック

TOP ≫ 離婚の為の調査

夫婦間の慰謝料請求



慰謝料は、精神的損害に対する損害賠償請求です。
不貞行為(配偶者以外の異性と継続的に肉体関係を結ぶこと)や 暴力行為等、
明らかに夫婦の他方が一方に精神的な苦痛や損害を与え、それが離婚へ向かう
主な原因となれば、その不貞行為や暴力行為から受けた精神的な損害に対し慰謝料
を請求することができます。

一般的な傾向では離婚原因が不貞の場合、慰謝料が高くなります。
不貞行為の頻度や期間も、慰謝料の金額に大変重要な関係を持っています。
離婚の慰謝料の金額は、その婚姻期間、離婚責任の重さの程度、精神的な損害の程度等を考慮して決定されます。

慰謝料は、その精神的損害にして請求するわけですから、金額はいくらでも良いはずですが
現実的に考えてみれば、支払う側の支払い能力を考慮せざるをえません。
極端に言えば、不貞が理由で相手に500万円でも1000万円でも請求はできますが
請求できる金額と実際に支払い決定される金額は異なることが多いようです。


慰謝料って希望の額が貰えるわけじゃないのね。
相手の経済力の範囲で金額が決定されます!

普通の会社員(年収が300万円〜700万円)であれば、離婚の慰謝料は、100万円〜300万円が多いようです。
(※家庭裁判所の統計による)
裁判の判例によると、離婚の慰謝料として認められた金額は、500万円を超えることは少ないようです。

・ 離婚の原因が夫婦ともにある場合
・ 性格の不一致、価値観の相違、親族との折り合いが悪い…
などには原則としてお互いに慰謝料の請求は認められていません。

【 注意 】
「慰謝料を貰えば調査料を払っても十分に残りますから」と、何百万円もの調査の契約を勧める探偵社も存在します。
このような探偵社に調査を依頼をしてしまうと、今後の生活を立て直す資金として見込んだ慰謝料がほとんど無くなって
しまいます。「 慰謝料が1千万以上取れますから!」などと言われても絶対に信じて契約しないよう気をつけてください。


慰謝料診断はこちらから