探偵ウェブ 失敗しない探偵社選びの情報サイト
探偵のことならなんでもご相談ください

大切なことだから─安心できる探偵社を選びたい。知名度・精鋭人情派・調査力・浮気調査専門・低料金お得パック

TOP > 浮気エピソード > クリスマス浮気エピソード
xmax
クリスマス浮気エピソード
まさか結婚しているとは


私が20才の時の話です。当時、付き合っていた彼は26歳でした。
高校を卒業し就職して1年目に居酒屋で知り合いました。
今でいう合コンは当時ほとんどなく、たまたま隣合わせた人が当時の彼です。
当時はPHSを持ち始めたばかりで、今で言うCメールみたいなのはできまして、その場で電話番号の交換をし数日後に会う約束をしました。
それから色々あり付き合う事になりました。

付き合いだして半年位して彼が地方に転勤になりました。
それからは遠距離になり会う事は容易ではなくなり私は、給料を貯めながら彼に会える日を楽しみに過ごしていました。
それからは電話が彼との繋がりになり毎日数分ですが連絡を取っていました。
付き合って一年が経った頃、彼が会いたいと言うし私も会いたくて、その年のクリスマスに一泊二日で会いに行く計画を経て彼の住んでる町へ行く事になりました。

当日、初めて乗る飛行機にドキドキしながら行ったのを昨日の様に覚えています。彼は空港まで迎えに来てくれて宿泊先のホテルに向かいました。
私が予約したホテルは彼が指定したホテルです。
ホテルに着き彼とくつろいだ後、彼が予約してくれていたレストランに食事に行きました。
クリスマスケーキも用意してくれていてとても嬉しかったです。
お互いプレゼント交換をし、彼は私にネックレスを、私は彼に手編みのマフラーをプレゼントしました。
しばらく楽しく会話をし食事を終えてホテルに戻りました。
ホテルに戻り、そのままベットインでした。
事が終わり少しすると彼が「実は今夜、やり残した仕事があるから2,3時間だけ会社に行かないとならないけど平気?」と言い出しました。
私は内心、クリスマスに会うの分かってるのに仕事を残すか・・と思いながらも、「仕事なら仕方ないよね、でも早く戻ってきてね。」と言うしかありませんでした。
すると彼は、シャワーを浴びに行きました。
私は、何故か引っかかるものがあり不安と疑問でいっぱいで本当に仕事かな??と思い、ここは知らない町だし尾行しても誰かに分かる事も無いと考え、彼が職場に行くか確かめようと思いました。
私はシャワーなど浴びる時間など無いのでそのままスエット姿に着替え、すぐに出れる用意をして待機してました。
彼がシャワーを終え出かけるのを見届け、数秒後に私も部屋を出ました。
彼がエレベーターに乗ったのを確認し、私は(彼がロビーに降りなかったら?と不安はあったけど)一か八かロビーまで必死で階段をかけ降りました。
ロビーを覗くと彼がフロントの人と話をしていて、何とか追いつき私はホッとしました。
彼はホテル前の駐車場に車を取りに向かいました。
私は少し走りタクシーを止め乗り込み、彼の車が出て来るのを待ちました。
少しして彼の車が見え、タクシーのオジサンに後を付けて欲しいと言いました。
オジサンに「どうしたの?」と聞かれ、事のあらすじを話すと「見失う事は出来ないね」と親身になってくれました。
ですが、若かった私はタクシー料金もいくらかかるか分からず、余分には持ってたものの料金の想像も付かなく心配でいました。
途中、料金メーターと睨めっこしながら30後位に住宅街に入り、ある一軒家の車庫に彼は車を入れました。
私は、ん?ここが職場???うそでしょ?!と思いまいた。
少し離れた所にタクシーを停めてもらい薄暗かったけど、確かに彼は鍵を開けその家に入って行きました。2階に電気が付き、彼が付けたと感じました。
私は恐る恐る近づき表札を確認し、彼の名前を見つけました。そして彼の名前の下に、●子・●人・●夏とありました。私は誰??と思いながらもホテルに戻りました。
ホテルでしばらく考えましたが、まさか・・結婚してる??と驚きと同時に悲しくなりました。
でも、もしかしたら彼の兄弟かなとも思い、まだ彼が既婚者と確信は出来なく悩みながらも彼がホテルに戻るのを待ちました。
気づくと私は寝てしまっていて、時計を見たら朝8過ぎてました・・部屋には彼の姿もなく、電話も来てませんでした。
ホテルのチェックアウトが10時だったので、身支度を済ませ彼を待ちました。
しかし、チェックアウトが近づいても彼からの連絡は無くシビれをきらした私は、彼に電話しました。
寝起き声でしたが彼が慌てている感じでした。「ゴメン、仕事しながら寝てしまった」「すぐには行けない、ホテル代もまだだからどうしよう?」と言われ、私は腹が立ち「私ひとりでチェックアウトするしかない!もういい!!」と電話を切り、そのまま自分の住む町に帰りました。
その日の夜、彼から謝りの電話がありました。私は彼に対して不信感もあり思い切って「もしかして結婚してる?」と聞いたら、彼は電話を切りました。
その後、彼からの連絡は無く数日後には使われてなかったです。しばらくして彼の知り合いから結婚してる事実を聞かされました。
ショックでしばらく立ち直れ無かったです。ちなみに、ホテル代や冷蔵庫の飲食を合わせ25000円位でした。たまに、あんな事もあったなぁ・・と思い出す私の辛く悲しい思い出話でした。

xmax
クリスマス浮気エピソード
見ていいことはない


あれは忘れもしない、10年前の12月25日。夫婦で良くメールをしていました。
お互いに携帯の可愛い待ち受け画像を見つけては送ったり、見せたり。
夫が留守の時にどんな、可愛い待ち受け画面を持っているのかが見たくなり、夫の携帯を開いて、フォルダを開けた途端、夫と浮気相手の写メを見つけてしまいました・・・
それも顔写真ではなく、H合体の局部の拡大写真でした。
夫が浮気をするなんて、何の疑いも持っていなかった私はショックが大き過ぎて、数か月何も手に付かず、心が折れてしまい、立ち直れませんでした。
日増しに腹が立ち、それも若くて可愛い子だったらまだ許せたかも分からないのに、何で寄りにも寄ってあんな不細工な女!
あんたは女なら誰でも良いのか?と怒りも涌いてきて・・・
それ以来絶対携帯は見ない事にしました。
良く見て良い事は一つもないと聞きますが、その通りでした。
若い時と違うのでクリスマスが云々とは言いませんが、たまたま浮気画像証拠写真の日付けが、12月25日だった事だけは良く覚えています。
その後夫を問い詰めて全てを白状させ二度としないと誓わせ、相手の女性の携帯に電話をかけ、留守電に脅しメッセージを入れておきました。
W不倫だったので、相手も旦那に言われると困るので、きぱっり切れました。
夫も懲りたと思います。その後はおとなしいものですが、しばらくは一切信用はゼロでした。

xmax
クリスマス浮気エピソード
ブログから

クリスマスの日二人で過ごし、家に帰った後彼女のブログ通知が来て、
パス付記事を見たら元カレと二次会へ行ってました。
とても辛かったです。
ちなみに彼女のブログは購読してることは彼女に内緒です。
いくらパス付でも浮気だと思います!
駅のホームでお互い帰ったはずなのに、信じていたのにこの様です。
またクリスマスということもあってダブルで辛いです。
やっぱり女性はお金や物に釣られるのでしょうか?
でも物だけの関係もおかしいとおもいます!
どうなんでしょうか!