探偵ウェブ 失敗しない探偵社選びの情報サイト
探偵のことならなんでもご相談ください

大切なことだから─安心できる探偵社を選びたい。知名度・精鋭人情派・調査力・浮気調査専門・低料金お得パック

TOP > 浮気エピソード > クリスマス浮気エピソード
xmax
クリスマス浮気エピソード
人の話です

以前、システム管理者として勤務していた会社での話です。
いつものようにメールサーバーのログを調査してると男性社員U氏と女性社員T嬢が異常なほど頻繁にメールのやりとりをしているではありませんか。
席も離れていないから伝えることは口頭で言えばいいのにと思いつつ、これでは業務上支障があると判断し、会社規定で管理者権限を使ってメールの内容をチェックすると…
それはクリスマスイヴの一大イベントに向けてのW不倫のメールだったのです!!
「クリスマスイヴの当日はお互いに家からは出社というように見せかけて、会社には有給休暇届けを出して◯◯公園で待ち合わせよう」という内容でした。
確かU氏とT嬢はお互いに既婚者で子供がいたはず…
私は気になってしまってしょうがなくなり、クリスマスイヴの当日に会社から外出許可をもらい◯◯公園に行ってみました。そうすると、ちゃっかりと車を停めて何処かに遊びに行ってる様子でした。
彼らは昼間の行為を終えて何気ない顔をして自宅に帰ったのかと思うと、私は複雑な気持ちになりました。
クリスマスイヴの後も二人は揃って有給休暇をとることが多くなり、ついに社内で噂となってしまいました。(決して私が漏らしたわけではありません)
数ヶ月後に私は別会社へ転職して二人のその後は知りませんが噂ではW不倫が会社にも家庭にもバレたと聞きました。
火遊びはするなと言いませんが、不倫するには常にリスクがあると勉強となったことでしょう。

xmax
クリスマス浮気エピソード
遊んでいたのか遊ばれていたのか

仕事上、毎日電話やFAXでやり取りする、他部署の女の子と仲良くなり、「出張で東京に言ったら、飲みに行こう」などと話していました。
一年くらい経って、首都圏に転勤になり、会議などで会う機会があり、関連部署の数人で飲みに行くことになりました。
もともと毎日電話でやり取りしていたので、会ったことがなくても互いに性格などがわかっていて、仲良くなっていたところへ、非常に好みのタイプだったので、「良い友達になれそうだな」と思ってはいました。
飲み会の帰り、自分たち二人が同じ方向だったのと、彼女の終電が無くなってしまったので、少ししか酒を飲まない自分が車で送ることになり、ドライブがてら送ってゆくことになりました。
いろいろな話をしているうちに、彼女のほうも、自分が好みのタイプだったらしく、意気投合した上に、明け方までドライブして、ホテルに行ってしまいました。
3ヶ月くらい付き合っていましたが、クリスマス直前の休日に会って、泊りで帰宅したら、「会社の後輩と飲みに行くにしては最近多すぎる」と嫁に言われ、詰め寄られてしまいました。
とりあえずはごまかして言いくるめましたが、疑われるようになって、彼女と会いにくくなってしまったところへ、彼女がリストラにあってしまい、会う口実も無くなってしまいました。
彼女は自分が既婚者だと知っていたので、あきらめてしまったのか、連絡も取れなくなってしまい、付き合いもうやむやになってしまいました。
何年も前のことなので、彼女も結婚したと思いますが、今改めて考えてみると、遊ばれていたのは、自分なのかも・・・。

xmax
クリスマス浮気エピソード
私でよかった


私が中学生の時の話です。
当時まだ父は40代で髪もフサフサで長身、そして女性に対して優しいということで、会社の部下にもモテていたそうです。
クリスマスの夜事件は起きました。
会社の帰りが少し遅く、母に頼まれていたケーキも持たずに父が帰宅して間もなくピーンポーンとインターホンが鳴ると、モニターには若い女性が、、、
インターホンに出ると「あんた、誰よ!」と明らかにキレた女性が「○哉さん出しなさいよ!!」

ん?父の名前を呼び捨てというと…
感のいい私は、母にばれないようにパパはお風呂ですといい、女性は「あ、お嬢さん。ごめんなさい」
帰って行きましたが、どういうつもりで家庭のある男性のマンションに殴り込みにきたのでしょうか?
きっと父に、別居でもしていると言われていたのでしょうか
どちらにしろその女性は不倫がバレたら母にフルボッコにされて、慰謝料も請求される事になるので、あのときに私がインターホンに出て本当に良かったと思っています。

浮気もだめだけど不倫もいけないと自覚して行動して欲しいものですね。

バレたら鬼嫁の母はきっと父を追い出していたでしょう。

今考えてもぞっとする思い出です。


2 / 2112345...1020...最後 »