探偵ウェブ 失敗しない探偵社選びの情報サイト
探偵のことならなんでもご相談ください

大切なことだから─安心できる探偵社を選びたい。知名度・精鋭人情派・調査力・浮気調査専門・低料金お得パック

TOP ≫ 調査の依頼を決めたら

面談・契約・支払い


【面談】



探偵社の人間に会って、調査の相談をすることを面談といいます。
メールや電話で相談するのも手軽ではありますが、実際、調査を頼む側としては探偵社の人間を知らなければ安心して調査を任せることができません。それは任される側の探偵も同じであり、相談者の依頼が正当な理由があるものか、違法性の有無など、依頼する本人を直接見なければ安心して仕事を引き受けることができないのです。
お互いに相手を観察し、問題がなければ具体的な依頼の相談へと話が進みます。調査の目的や希望する結果などを相談者から聞き、それに対する調査方法の提案や費用の算出が一般的な面談の流れです。

そこで探偵社の提案した調査方法と費用に依頼者が合意すれば、そのまま契約というケースはよくありますが、必ずしもその場で契約する必要はありません。家に帰ってじっくり考えてから決めてもよいですし、他社と二股かけてどちらかに決めても構いません。
特に気をつけるのは面談のときに契約をしつこく迫り、その場で契約しないと態度が豹変する探偵社です。このような探偵社とは絶対に契約をしない方が無難です。また、自分で考えていた予算を大幅に上回る金額を提示された場合も契約しないで帰ります。

【契約】



契約書には必ず目を通し確認します。
対象者の氏名、調査開始日、開始時間、終了時間、調査員人数など、面談で取り決めたことがしっかり記載されているかを確認し、不明な点があれば、その場で担当者に尋ねます。
個別に頼みごとをしたのなら必ず書き加えてもらいます。面談の担当者が調査をするなら約束事は守られますが、面談担当者が営業専門の場合、実際に調査する人間に約束事が伝わらないこともありますので、必ず契約書に記載されているか確認します。なお、契約書は第三者(特に対象者)の目に触れない所に大切に保管します。

【支払い】


契約締結により調査代金を支払う義務が依頼者には発生します。
調査代金の支払い方法は探偵社によって異なりますが、一般的には契約締結の時点に預かり金として1万円程度を預かり、残金を探偵社の口座に振り込む形が多いようです。探偵も依頼者もあまり高額なお金は持ち歩きたくはありませんし、盗難等の事故も考えられます。
預かり金は調査代金の一部として相殺されます。成功報酬の場合は報告書の受け渡し時に決められた残金、または報酬を支払います。探偵社から渡された領収書や銀行振込の控えは無くさないよう大切に保管しておきます。