探偵ウェブ 失敗しない探偵社選びの情報サイト
探偵のことならなんでもご相談ください

大切なことだから─安心できる探偵社を選びたい。知名度・精鋭人情派・調査力・浮気調査専門・低料金お得パック

TOP ≫ 調査の依頼を決めたら

探偵社を選ぶまで


【不安】



・ 最近、夫や妻、恋人の行動がおかしい
・ 急に態度がよそよそしくなった
・ 帰宅が遅くなり、外出が増えた
・ 携帯・メールなどを気にするようになった
・ 服装や髪型などファッションに気を使うようになった
浮気や不倫をしている相手には、普段と違った行動が見えてきます。
些細なことですが 「あれ?」 と感じたら、それは危険信号です。ただし相手を問い詰めても証拠がなくてはシラを切られるだけで解決にはなりません。そんなとき探偵の存在が頭に浮かぶ人も多いはずです。では探偵とはどうやって探して、どのように頼めばよいのでしょうか?

【情報収集】



探偵社をさがす方法はインターネット、電話帳、ポスティングチラシ、看板広告などがあります。特にインターネットは他の広告媒体に比べ情報量が圧倒的に多いので現在の主流とされています。
いきなり依頼先を決めるのではなく、探偵社を何社かピックアップし、料金や、会社の場所、自分の相談内容に対応可能かなど照らし合わせてみます。候補先は多くても4〜5社くらいがよいでしょう。

【予算を立てる】



情報収集で探偵社の料金の目安がなんとなくわかったら、自分の中で予算を組み立てます。依頼内容や調査期間などで料金も異なりますから、あくまでも目安として「このくらいあれば調査を頼めるかな?」程度で考えます。目安の金額は相場の範囲内とし、激安価格などの囮表示とされる金額を参考にしてはいけません。また、そのような料金表示の探偵社はピックアップから外した方がよいでしょう。

【問い合わせる】



探偵社の候補が何社か決まったら実際に問い合わせをします。メールで問い合わせるのもよいですが、メールは一方通行でしか話が進みません。特に忙しい探偵だと夜にしか返事が書けず、そのペースでやり取りしていると1週間くらいあっという間に過ぎてしまいます。
最初はメールでもよいですが、途中から電話に切り替えていろいろ聞いた方が話も早く進みます。電話の受け答えも重要ですので、自分なりに好感の持てる探偵社なら面談する方向に考えてもよいでしょう。

【探偵社の電話】



少し前まで探偵社では電話番を事務所に常駐させているのが一般的で、相談者の中にも事務所の番号に電話したのに携帯電話に転送されると「電話番もいないのかここは?」と不安がる人もいました。
今では問い合わせや連絡のほとんどはメールが多く、電話番の存在はあまり意味がありませんので、事務所に掛かってきた電話を携帯に転送している探偵社も少なくありません。また転送先に設定している携帯はその探偵社の責任者または重要なポストの人間のものである可能性が高く、見積り額の算出や値引き交渉などがスムーズに行われる場合もあります。